メニュー

妊婦健診について

妊婦健診は、母児の健康を守り、妊娠経過が順調かどうかをチェックするためのものです。どれも母体と胎児の健康を確かめるための、大事なものです。 わからないことや不安なことは、遠慮なく医師に質問してください。また3D超音波検査を取り入れております。

 

【定期健康診査で毎回行なう検査】

子宮底の長さ・腹囲の測定

胎児の大きさ・位置、胎児心音の確認

体重測定

血圧測定

尿検査(たんぱく・糖)

浮腫の有無

 

(1)妊娠23週(第6月末)まで・・・4週間に1回

超音波検査/血液検査(血液型-ABO 式、Rh 式/不規則抗体検査/血糖値/貧血有無/梅毒血清反応/B 型肝炎ウイルス抗原検査/C型肝炎ウイルス抗体検査/風しんウイルス抗体検査/トキソプラズマ抗体検査/HIVウイルス抗体検査) 、子宮頸部細胞診/腟細菌検査

(2)妊娠 24 週~35 週(第7~9月末)・・・2週間に 1回

超音波検査/血液検査(貧血有無)/腟細菌検査

(3)妊娠36 週(第10 月)以後出産まで・・・毎週1回

超音波検査/血液検査(貧血有無)/胎児心拍モニター検査

 

※妊娠40週以降は3~4日の妊婦健診を行います。

 

※妊娠中に必要に応じて行なう検査:心電図/胸部エックス線撮影/骨盤エックス線検査など。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME