メニュー

更年期障害でお悩みの方

更年期障害とはなんですか?

日本人の平均閉経年齢は約50歳ですが、個人差が大きく、早い人では40歳台前半、遅い人では50歳台後半に閉経を迎えます。

月経が来ない状態が12か月以上続いた時に、1年前を振り返って閉経としています。
閉経前の5年間と閉経後の5年間とを併せた10年間を「更年期」といいます。更年期に現れるさまざまな症状の中で他の病気に伴わないものを「更年期症状」といい、その中でも症状が重く日常生活に支障を来す状態を「更年期障害」と言います。

症状はなんですか?

顔のほてり、のぼせ、不眠、イライラ、頭痛等を訴える方が多く見えます。

 どのような検査で分かりますか?

採血でホルモン値チェック(女性ホルモンや甲状腺ホルモン)をします。

 治療はどのようなものがありますか?

治療はホルモン療法(HRT)や漢方薬が有効です。
HRT:ホルモン補充療法(経口薬や貼付剤)

 

お悩みの方は一度相談してください。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME