メニュー

流産でお悩みの方

不育症とは?

妊娠はするけれども、流産、死産や新生児死亡などを繰り返して結果的に子供を持てない場合、不育症と呼びます。一般的には2回連続した流産・死産があれば不育症と診断し、原因を探索します。

流産の原因で最も頻度の高いものは赤ちゃん(胎児)の染色体異常で約80%に存在します。しかし、染色体異常以外の要因もあります。

次の妊娠でお悩みの方はぜひ当院に受診して、ご相談してください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME